ライブ集客大作戦①なぜ書こうかと思ったか

これから数回に分けて、ライブ集客について書きたいと思います。

といっても、新たに書き下ろす分けては無く、
2~3年前に参加した、ライブハウスのミーティングのための資料に、
加筆修正したものを掲載したいと思います。

なぜ、今、こんなことを書こうと思ったか。

私の仲間の女性アーティストが、
「集客がないならやめちまえ」などという暴言を吐かれたという事があったそうで、

それに対して、私の持論である、
『ライブの集客は、アーティストだけの責任ではなく、
ライブハウス・イベンターも、共に協力して動員すべきだ』という事を伝えて、
少しでも励ましたい、というのがある為です。

それでは次回から、本論に移りたいと思います。
お楽しみに~!

続きを読む

右手首痛めました。

そんなことより聞いてくれよ>>1よ。スレとあんま関係ないけどさぁ。

一昨日、ドライアイス加工工場にバイトに行ったんです。ドライアイス加工工場。

なんて冗談はさておき……

作業内容としては、25㌔あるドライアイスの塊が入った段ボール箱を、パレットから作業台に乗せて、段ボールを開けて中身を取り出す、という作業内容だったのね。

で、午前中、結構きつくて、昼休みに派遣会社から電話があって、
「今日のお仕事、どうですか? できれば今後も入っていただきたいのですけど」
とのことだったが、
「重い。もう入りたくない」
と答えた。

で、午後になってだ。
かなり手首に無理をかけていたらしく、手首が痛んできた。
で、ドライアイスを誤って作業台からおっこどしたら、こりゃまずい。
(確かに商品破損はまずいが、それ以上に、足に直撃したらかなり痛い。ガッツリとした安全靴を貸してくれるとはいえ、その上からおっこどしてもかなり痛いとのこと。)
手首を痛めた状態で作業していたら、事故の可能性がある。
そこでリーダーさんに事情を話したら、より楽な、段ボールつぶしの作業に回してくれた。
(そのへん、良心的な会社なのだが)
それでもやっぱり手が痛む。

本当は、翌日も仕事予約入れていたのだが、
手首を痛めた状態で仕事はできないと、キャンセルの電話入れたのね。
すると、派遣会社の担当者が、
「大丈夫ですか? 病院行ったほうがいいですか?」
と、心配してくれた。
(そのへん良心的な会社と言えるが、一歩間違えたら労災すれすれなので、そりゃ必死になるわな)

結局、病院には行かず、治療院でマッサージを受けながら様子を見ることにした。
どうやら、筋を痛めたとかではなく、筋肉痛的なものらしい。

どれほど痛いかというと、
ライターの点火ができないくらい。
(最近のライターは、子供がイタズラしないように、レバーが重く設定されている)
しょうがないから、左手で点火している。

今の状態だと、しばらく、現場作業系のバイトは入れられない。
右手をかばった状態で仕事していると、もっと重大なけがや事故につながりかねないから。
金欠なのに……ぐすん。

まあ、しばらく休むようにという、神仏の思し召しなのかなと。
(私、スピリチュアルかじってる人間なので、そういう発想に行くわけよ)

しばらくは、じっくり養生して、
その間に、書き物や曲作りしてますよ。

歌い手と音楽クリエイターをつなぐマッチングコンパ!

歌い手さん、特に地下アイドルさんの中には、
オリジナル曲が欲しい、ライブでオリジナルCDを物販したいという方が多いかと思われますが、
(近頃では、オリジナル曲を持っていないと出演できないライブも見受けられます)

また、オリジナル曲を持つためには、作曲家とのコネがなくてはいけない、
それも、プロの作曲家に、高いギャラを払って依頼しなければならない、
とても敷居が高いとお思いの方も多いかと思われますが、

オリジナル曲が欲しかったら、腕のいいアマチュアミュージシャンに依頼すればいいのです!
アイドルにとって『憧れのオリジナル曲』ならば、
アマチュアミュージシャンにとっては『憧れのアイドルプロデュース』なのです!

とはいえ、
『作曲家と繋がる機会がない』とお思いの方も多いかと思われますが、
だったら、作曲家とつながりができる場所に、飛び込んでしまえばいい!

我がぴょん企画と業務提携している、ポプ協こと『日本ポップ屋協同組合』では、
年2回、春と秋に、
歌い手と音楽クリエイターとのつながりを作るマッチングコンパ、
『ポプコン』を開催しております。
(運営陣は、『断じてパクリじゃない』と豪語しておりますが)

システムとしては、こんな感じです。
まずは、ご自身の音楽的背景、自分ができること、自分が欲しい人材を、プレゼンします。
(例えば、「アイドルやってます!曲を作ってくれる人募集!」みたいな)
次に、自分が組みたい相手を用紙に記入します。
見事『相思相愛』になると、その人と音楽的パートナーになることができます。
(つまり、合コンのシステムですね。『音楽的合コン』と言うべきか。
運営陣は『ねるとんパーティー』と言ってますが。歳バレるぞ)

また、ポプ協では、これまた年2回、
いろんなミュージシャンの曲を集めた、コンピレーションCDを制作しております。
『ポプコン』で成立した組は、優先的に収録され、
また、楽曲制作に関して、様々なサポートが受けられます。

つまり、憧れの『オリジナルCDを物販』ができちゃうわけです!
ちなみに、コンピCDへの参加条件は、
これまた年2回行われる、コンピCDのリリースイベント
『ポプ協ミュージックフェア』への参加、これだけです!

そんな、ポプ協が提供する『ポプコン』に、是非とも参加してみませんか!?

ただし、一つだけ条件があります。

『曲を作ってもらえる』という、『お客様感覚』での参加はしないこと!
『作曲家とともに、いい作品を作り上げる』という感覚が必要だという事を、強く念を押しておきます。

また、
「アマチュアミュージシャンだと、プロの人よりも、クオリティが落ちるんじゃないの?」
とお思いの方もいるかと思われますが、
ご心配なく!
最近のアマチュアは、プロ並みの楽曲制作ができる人がごろごろいます。

「ポプコンに参加しても、誰とも組めなかったらどうしよう……」とご心配の方、
私と組みましょう!
(私も一応、メジャーの作曲家のお墨付きをもらっている身です。
名前や代表曲を聴けば、「ああ、あの人ね」と思っていただけるような方です)

以下、詳細です。

【会場】西荻窪ジジアナベル
http://www.ziziannabelle.com/
【日時】2018年5月20日(日)
17:30 open / 18:00 start
【チャージ】1500円+オーダー
参加表明・お問い合わせは、ポプ協メールフォームまで!
(ぴょんブログを見たとおっしゃっていただければと思います。)

以下、ポプ協運営からのメッセージです。

---
音楽を作っているクリエイターと
オリジナル曲を歌いたいシンガーを
マッチングさせてしまおう!という企画です。

作曲や編曲、レコーディング等はできるけど、なかなか自分では歌えない(or歌えるけど自分以外にも歌わせてみたい)クリエーターさん。
歌は得意だけど作曲やアレンジやレコーディングは苦手(orできるけど自分以外の曲も歌ってみたい)シンガーさん。

これまでの活動枠を飛び越えて、コラボレーションで音楽の新しいやり方を試してみませんか??

当日はこれまでの活動内容、作っている音楽、コラボレーション方法の希望などの紹介を行い、気に入った参加者へのアプローチの機会を作ります。

各プロセスでポプ協がアシストしますので、多少コミュ障なアナタもアナタも問題なし!(笑)

この会場で決まったコラボレーションは、来年9月発表予定のポプ協コンピレーション2018下半期への参加収録に向けて、これまたポプ協が全面バックアップします。
---

マッチング参加申し込みは事前にポプ協までご連絡ください。
※様子見or飲みたいだけの方々(笑)は現地に直接おこしください!

参加者は何か自分の歌ってる音(カラオケの録音とか)or 制作してる音源(まだない方は作りたいイメージの参考音源)の持参をおねがいします!
時間と会場の都合上、参加枠に限りがありますので、早めのご連絡よろしくお願いします...(´∀`;)

ポプ協の紹介動画はこちら!

続きを読む