11月18日、勝ち抜きバトルライブに出ます!

来たる11月18日(土)に、
AnBぷれみあむぅさん主催の勝ち抜きバトルライブ、
『イカす!アキバ天国』に出演します。

当イベントは、昼の部『イカす!アキバ天国』と、夜の部『ぢゃ☆ベストテン』の二部制になっていて、
昼の部で優勝すれば、夜の部の出演権が得られるわけです。
(昼の部が2軍、夜の部が1軍といったイメージですかね。)

夜の部は、ベストテン形式になっていて、常に順位が入れ替わるそうです。

よく、この手の勝ち抜きバトル形式のライブって、
勝ち進むと、オリジナル曲作ってもらえたり、メジャーからのお誘いがきたりするもんですが、
当イベントに関しては……

何もない(らしい)

逆に言えば、お互いのプライドをかけて争うという、
そういうテイストが好きで、私も出演しているわけです。

当イベント、お客様投票により、順位が決まるわけですが、
システムにより、2人以上の出演者に投票しなければならない。
もちろん、自分のお客様を大勢呼んだほうが有利に働くことは言うまでもないのですが、
それ以外の、浮動票をゲットすることにより、お客様をあまり呼べなくても、チャンスがあるということです。

また、単に歌唱力というより、
総合的な、エンターテイメント力が問われる(傾向にある)という特徴があります。

つまり、パフォーマンス次第で、私にもチャンスがある!

当イベント、3回目の出演になるわけですが、
初回出演時は、7組中4位と、周りから『大健闘』と言われたわけですが、

2度目の出演の時は、『最下位』
しかも、ぶっちぎり最下位……

今回、どう巻き返すか、注目されている?ところです……

実力が順位に如実に表れるというほか、
イベント常連のお客様が、丁寧なレビューも書いてくれます!
それも非常に参考になる!
(ただし、面白くなかった場合、『面白くなかった』と、バッサリ斬られます……)
その方によると、私が毎回フライヤーの裏面に書いている『ぴょん企画新聞』を、楽しみにされているとのこと。
(毎回新聞でも飽きられたらしまいなので、今回は別のネタを用意しようかな~と)

さて今回、どこまで順位を上げることができるのか、
乞うご期待!


作曲家と歌い手のマッチングコンパ!

あなたはいつまで、作曲家に法外なギャラを払い続けるのですか?
オリジナル曲を作るには、作曲家に高額なギャラを払わないといけないと思いこんではいませんか?

オリジナル曲が欲しければ、曲提供したがっている作曲家を探し、
双方合意のうえ、合同で楽曲制作すればいいのです!

特に、地下アイドルの場合、
『アイドルに曲提供したがっている作曲家』は、ごろごろいます!
だが悲しいかな、彼らはアイドルにつてが無いのです。
「ぴょんさん、アイドルに強いでしょ?アイドル、紹介してよ~!」
という声を、常日頃から耳にします。

だがしかし、そんな作曲家を、どこで見つければいいのか?
そこで朗報です!

ぴょん企画と提携している音楽制作団体
『日本ポップ屋協同組合』では、
作曲家と歌い手のマッチングコンパ、『ポプコン』というイベントを、
半年に一度、開催しております。
次回は、11月4日(土)です。

システムについて、ざっと説明します。

まず、各自が、活動内容について、プレゼンします。
動画・音源を持参し、
『こんなライブをやっています』『こんな曲を作っています。』
ということを発表します。
そして、欲しい人材を申し出ます。
『アイドルやってます。オリジナル曲欲しいです』
『曲作ってます。アイドルに曲提供したいです』
みたいな感じで。

そして、渡された用紙に、パートナーとして組みたい人の名前を書きます。
見事マッチングしたら、共同で楽曲制作する流れになります。

つまり、『合コン』と同じシステムなのです。
(主催者は、『ねるとんパーティー』と言っています。歳バレるぞ)

さらにっ!

メンバーみんなが作った曲を集めて、コンピレーションCDを作るのです!
つまり、みんな憧れている、
『ライブで、オリジナルCDを物販』が、出来てしまうのです。

だがしかし、よく、
『オリジナルCDを作ったはいいけれど、在庫を抱えて困っている』
という声をよく聴きます。
(そのため、『CD多数買いで特典あり』を謳っているアイドルを大勢見かけます。
聴かれないCDが発生してしまい、音楽芸術に対する冒とくだと思ってしまう。
私の身内にもいるが、馬鹿なことやってんじゃねーよと。)

そんな心配もご無用!
必要なだけ仕入れる、ということが可能なのです!

ところで、肝心の、
「曲を作るはいいものの、具体的に、どのようなクオリティのものができるの?」
という疑問が発生しますよね?

そこで!
今回作成した、コンピレーションCDのクロスフェードデモを、
特別に、お聴かせしましょう!



また、
「参加したはいいものの、誰とも組めなかったらどうしよう」
というお悩みが発生するかもしれませんね。

そんなあなた!
是非、私と組みましょう!
(こう見えても一応、メジャーの大物ミュージシャンのお墨付きをいただいている身です。
誰もが知ってるであろう、あの曲の作曲家とか……)

だがしかし!
一点だけ、ご注意がございます。

『曲を作ってもらう』という、『お客様感覚』では参加しないでほしいということを付け加えさせていただきます。
作曲家と歌い手、双方協力して、いい作品を作る、というのが会の趣旨ですので、
そのことは、お忘れなきよう、強調させていただきます。

参加につきましては、会場のキャパ及び、時間制限がございますので、
予約制になっております。
SNS等で、『ポプ協』で検索していただくか
(『ぴょんブログを見た』と言っていただければ、話がスムーズに進みます)
あるいは、私まで直接連絡いただければ、主催者に伝えておきます。

詳細はこちらです。

【会場】西荻窪ジジアナベル
http://www.ziziannabelle.com/
【日時】2017年11月4日(土)
18:30 open / 19:00 start
【チャージ】1500円+オーダー

ライブ集客を水商売に例えると

『アナタのこと、好きだけど……アタシ、アイドルだから。ヨロシク!』

というわけで、久しぶりの『地下アイドルになる方法』更新です。

ライブの集客について、もっとあとにかく予定だったけど、
(ライブの前にいろいろ準備があるので、そっち先に書く予定だった)
ツィッターで集客方法について議論していたところ、
『色恋』とか『枕営業』といった、水商売用語が飛び交っていたので、

地下アイドルにおける集客方法を、水商売的に例えてみます。

☆友営
「ねーねー今度ライブに出るんだー絶対面白いから是非来てよ~!」

☆色恋
「アタシ、あなたのこと、好きよ。あなたも、アタシのこと、好きでしょ?だったら、ライブ来て!」

☆オラ営
「あなた、アタシのためなら、なんでもできるわよね、え?会社?そんなのサボっちゃいなさいよ?え?どうしても休めない?そんなの、親が死んだことにすればry」

☆枕営業
「アナタのためなら、アタシ、何されてもいい!その代わり……ライブ来てよね」

ちなみに、ぴょんさんには、色恋や枕は通用しません。
ぴょんさんを攻略するには、友営が一番です。