雪の日のライブ開催の是非を問う

本日、首都圏を含めた関東甲信越地方全域に、大雪警報が出されておりまして、
国土交通省からも、『不要不急の外出は避けて』と通達が出ているわけですが、
そんな中、

私、本日ライブ……

そこで改めて、大雪をはじめとする自然災害時における、ライブ開催の是非を問いたいと思います。

確かに今回、交通マヒの可能性が非常に高く、
出演者・お客様・会場スタッフ全員、帰宅難民になる可能性大と言えます。

特に私、今回、出番が、トリ前、時刻にすると22:30からの出番で、
しかも、家から会場までの距離がやや遠く、
通常時においても、出番が終わったらダッシュで帰らなければならない、と考えられます。
しかも、ただでさえ自然災害に弱い、東京メトロ東西線です。
電車が止まる可能性大いに大です。
不幸中の幸いというべきか、本日出演するイベント、
終了後は朝まで打ち上げとのことなので、
これに便乗して、共演者・スタッフと、交流を深めちゃおうとたくらんでおります。

今回のイベントですが、只今時刻16:00までに、主催から中止指令が出ていないことを考えると、平常通り開催と考えられるでしょう。
そうなると当然、出演者は、出演義務が発生します。
もし欠席でもすれば、現場に穴をあけてしまうため、
そういった点では、アマチュアであっても、一般社会人(会社員)と同等か、それ以上に厳しい世界であると言えます。

しかし、運営側としたら、
帰宅難民という危険を冒してまで、ライブを開催する必要があるのか?

一般社会人であっても、「自然災害であっても会社を休ませてくれない日本社会」に対し、批判が集まっているくらいです。

もちろん、ライフラインを支える業種であれば、そんなことは言ってられないのは確かです。
しかし、たかがアマチュアの音楽ライブが、それほどのものでしょうか?
別に中止にしたかて、誰かが死ぬわけでもないし、
帰宅困難になる危険を冒してまでやるべきではない、という意見が出てくるのも確かです。
特に、私のように、年がら年中ライブに出演している身としたら、出演ライブが1本無くなっても別段困ることはない、ていうのが本音です。

しかし、

このライブが、一生に一本の晴れ舞台、という場合はどうでしょう?
開催する側も、入念に準備を重ねてきて、いざ本番を迎える、ということになります。
お客様も、今日のライブを見逃したら次はない、という場合もあるでしょう。
(舞台などと違い、音楽ライブは、レギュラー制をとっていることは少なく、多くの場合、毎回違うメンバーになります。二度と、同じメンバーでライブすることができない、というケースが多いです。また、レギュラー制であっても、演奏する曲のセットリストは毎回変わるのが常で、今日という日は二度と来ないのです)

そのような人たちの思いを、無下にはできないのではないでしょうか?

という意見は、大いに考えられます。

それでも、

それでもです。

緊急の場合は、会場側の判断で、イベント中止指令を出すべきなのではないか、ちうのが、今の私の考えです。
(その点、外部イベンターの立場は弱いです。イベンター判断でイベントを中止しても、会場使用料は、よほど良心的な会場でない限り丸々請求されます。)

このことは、インディーズライブ業界全体で考えなければならない問題です。
さてあなたは、どう考えるでしょうか?

【大拡散希望】これが、悪徳芸能事務所の手口だ!①

先日、音楽仲間兼スピリチュアル仲間との会話中に、悪徳芸能事務所の手口がババッと頭の中に入ってきたので、これは拡散すべきという天啓だと痛感し、当記事を執筆いたします。

奴らのターゲットになりやすいのは、
オリジナル曲が無く、カバー曲のみでライブをやっている地下アイドル・地下ミュージシャンです。
具体的には、アニソン・ボカロやAKBのみでライブをやっている地下アイドルや、
アーティスト系だと、路上ライブなどで中島みゆき『糸』をカバーしているような人々ですね。
(しかも、何故か『糸』なのです。みゆきさんなら、『うらみ・ます』『世情』くらいやったほうが、インパクト大なのに。まあ、『糸』は、オリジナル曲を持っている人でも、カバー曲としてうたわれることが多いので、一概に悪いとは言い切れませんが)

そして、悪徳の連中は、そんなアイドル・地下ミュージシャンのもとに忍び寄り、
メジャーのすばらしさを、これでもかというくらいに熱く語ります。
(「メジャーはいい所だよ~!好きなことを好きなだけして、しかもお金が稼げるんだよ~!」など)
また同時に、地下アイドル・地下ミュージシャンでいる事の愚かさも、執拗に語り掛けます。
(「バイトしながら音楽活動なんてやでしょ?音楽に費やす時間が減るでしょ?」など)

そして悪徳は、『オリジナル曲の必要性』を、執拗に語ります。
「オリジナル曲を持っていないと、業界で相手にされない」みたいにね。

勿論、オリジナル曲は、無いよりあったほうがいいと思うし、
オリジナル曲でないと受け付けてくれないようなライブハウス・イベントも、かなり多くあるのが現状ではあります。

まあ、私に言わせていただければ、
オリジナルなんて、自分で作るか、知り合いのつてで作ってくれる人くらい探せそうですが、
オリジナル曲を持っていない人の多くが、『オリジナル曲』という響きを、神格化しすぎているのですね。
『憧れの、オリジナル曲』で、
『オリジナル曲を持つ=一流ミュージシャンの仲間入り』
なわけです。

そんな、『オリジナル曲を作ってくれる人』を当たっている最中で、悪徳事務所に引っかかってしまう、ということもあるようです。

それで、悪徳は、オリジナル曲を作ってやると誘導するわけですが、
そこで、奴らが頻繁に使うキーワード。

『商用クオリティ』

いいですか?ここ試験に出ますよ?

『商用クオリティ』

大事なことなので、2回言いました。

この地雷キーワードの、具体的な用法は、下記のとおりです。

「オリジナル曲を作るにしても、商用クオリティでなければ、メジャーレーベルは相手にしてくれない」

「商用クオリティの楽曲を作るには、そんじょそこらの地下ミュージシャンに頼んでいてはだめだ。それなりの肩書のある『作曲家の先生』じゃなきゃだめだ。」

(彼らの言う『作曲家の先生』の肩書とは、『音楽専門学校DTM科新卒クン』程度のことが多いです。また、『メジャーミュージシャン○○先生の弟子』ということも多いです。この場合、弟子などではなく『ちょっとした知り合い』程度です。そんだったら、私だって同格どころか、ガッツリ知り合いである以上、彼らより上と言えます。まあ、『虎の威を借りる狐』と思われたくないので、よっぽどハッタリをかます必要に差し迫られない限り、彼らの名前は口に出しませんけどね。名前を出す際にも、「先生と弟子、なんていう高尚な関係ではありませんわ、ただの友達、友達!」くらいに言ったほうが、より大物感を醸し出すことが可能です。閑話休題)

「作曲家の先生(音楽専門学校DTM科ry)はプロなんだから、当然ギャラが発生する。それはオイクラ万円」
(適正レートの数倍から、場合によっては10倍ものギャラを要求します。適正レートを知らない人からしたら、金額に驚きつつも、「商用クオリティのオリジナル曲を作るなら、」)

「素人にアレンジ頼んでも、薄っぺらい音にチャチいアレンジになってしまう。そこは、アレンジャーの先生(音楽専門学校ry)に依頼しなければならない当然プロなので、ギャラはオイクラ万円」

「レコーディングスタジオも、プロが使用するところを選ばなければならない。エンジニアも、プロを大勢手掛けている人でなければならない。ギャラはオイクラ万円」
(ここは、音楽専門学校出ではなく、一応プロのレコーディングを手掛けている人を提示します。しかし、町のレコーディングスタジオであっても、プロを手掛けている人は結構います。また、アマチュアであっても、protoolsなどを使って、『商用クオリティ』のレコーディングができる人も結構います。)

「音源化するには、『MIX』『マスタリング』といった工程が必要になる。もちろん、『商用クオリティ』のためには、オイクラ万円かかる」
(悪徳の手先は、『MIX』『マスタリング』の言葉の意味を分かっていません。それに、音楽専門学校であっても、まともなところなら、ちゃんと授業でやっています

「CD化するには、CDRなんてもってのほか。同人音楽向けの(小ロットからイケる)プレス会社でもダメで、メジャーのCDを手掛けるようなプレス会社でなければならない。当然、最低ロット数でもこれくらい(かなり数字を盛っている)そのためには、オイクラ万円」

さっきからさんざんネタにした『音楽専門学校DTM科新卒クン』ですが、
もちろん、腕のいい人は良いですし、
『たかが学生サークル上がり』でも、腕のいい人はたくさんいます。
そういった人に、直接交渉して、安く作ってもらうのがコツなのですが、
つてがないのを悪用し、
『仲介手数料』と称して、高い金をぼった来るのが、悪徳の手口です。
もちろん、『音楽専門~』には、よくてバイト程度のギャラ、
悪くてノーギャラ。
(彼らにも、『プロの仕事を請け負わせてあげる』と、甘い言葉で誘惑するわけですね)

ここまできて、悪徳の手先はササっと電卓をはじき、結果、出てきた数字が、

よくてウン十万、下手すると百万単位……

もちろん、標的にされた地下ミュージシャンは、その数字に、
「えぇ~!?そんなにかかるの?」
と、お思いになるかと思われます。
(ここで、素直に納得してしまうのが、一番ヤバい、悪徳のカモなのですが。)

そこで、
悪徳事務所の信用度を増すために、さらにもう一押し、ごり押しするわけです。

まだまだ話は続くので、ここでいったん切ります。

2017冬コミ参戦記

昨日、冬コミ行ってまいりました。

昨年の冬コミはインフルで外出禁止になっていたり、夏コミは巡り合わせが悪く行けなかったので、久しぶりのコミケでございました。

とはいえ、予算が限られていたので、
お友達サークル廻り(特に同人音楽系)及び、
どーしてもお会いしたい作家さんのところに、ピンポイントで行ってまいりました。

以前から気付いていたことで、再確認したところでございますが、

『企業ブースや大手サークル目当てでない限り、早く着く必要はない』

ということです。

私、今回、到着が11時過ぎだったのですが、それでも早すぎるくらい。
昼くらいでも大丈夫なくらいです。

あと、気づいたこと。

先日、裏技として、門前仲町からのバス利用を推奨したのですが、
それでも、それなりには混雑する!
とはいえ、りんかい線・ゆりかもめに比べれば、かなりの楽勝モードなのですが。

また、前回お話ししたとおり、
『コミマップ』という、スマホ地図アプリを使ったわけですが、
これが、非常に使える!
ブース名(自分のわかりやすい名前でOK)と、ブース記号を入れておけば、
地図上に、目当てのブースが表示される!
コミケカタログ付属の地図より、非常に使い勝手が良い!
ただ、歩きスマホには、くれぐれもご注意を!
本当に危ないよ!

では、総論はこの辺にしておいて、
次の記事からは、戦利品の紹介といたしましょうか。