WIKIPEDIAを活用しよう!カリスマブロガーへの道(11)

ブログに書くネタを探す旅も、おおよそ最後になってきました。

『辞書いじめ』『百科事典いじめ』というゲームがあります。
どういうものかというと、
思いついた単語を、とりあえず、辞書や百科事典で調べてみて、
どのように記述されているかというのを見るゲームです。

私の学生時代のレポートの切り抜け方は、
ズバリ『百科事典丸写し』でしたが、
勉強の合間に、今やってる勉強とは、全く関連のない項目に夢中になり、
気がついたら、締切間近、ということが、少なからずありました。

それの応用で、
思いついたことを、とりあえず、Googleなどで調べてみます。
すると大抵、Wikipediaがあるので、
それを引用しながら、思ったことを書き綴るのです。
(ここで、学生諸君に注意!
Wikipediaを単にコピペしただけのレポートを提出すると、間違いなくペケ喰らいます。
私の時代は、あくまで『百科事典を手で写す』という『作業』があったから、まだ許されたようなものです。それでも、グレーゾーンであることは間違いないけど。
Wikipediaを使う場合は、必ず『自分の見解』を入れましょう!

具体例を2つほどあげます。

私が面倒見ている(というか逆に面倒見られている)アーティストで、
某所のご当地アイドルコンテストでグランプリを取った、
『三姿舞(さんしまい)』というユニットがいます。
彼女たちは、ライブの際にきまって、
『みっつのすがたにまうで、検索してみてください』というものだが、
メンバーのひとりが、うっかり、『さん……調べてください』と言ってしまったもので、
調子に乗った私が、『三 Wikipedia』でしらべて、
それをさらに、彼女たちの所属事務所主催のイベントで、発表してしまったのです。
(ちなみに、そこの事務所の社長、『バレンタイン・キッス』の作曲家、瀬井『インテリヤクザ』広明氏です)

意外と、『三』のようにシンプルな単語ほど、面白い結果が出ます。
試しにみなさんも、検索してみてくださいな。

あと、もう一つ。
無性に『ゴキブリ』を調べたくなって、検索したところ、
思わぬ収穫が!
『ゴキブリが登場する作品』一覧に、
『害虫女子コスモポリタン』という漫画を見つけてしまったのです。
これは、主人公のゴキブリはじめ、害虫たちの萌え擬人化漫画です。
中でも、ゴキブリは、セクシー美女!
この漫画に関しては、追々、詳しく紹介したいと思います。

さて、面白いブログを書く旅も、ようやく一段落したところです。
さらにいいアイデアが思いついたら、再度書くつもりです。

それでも、アクセスが上がらないとお悩みの方がいらっしゃいましたら、
個別カウンセリング、しますよ~
もちろん、お代などいただきません。
ご依頼、お待ちしております!



当ブログは、人気ブログランキングに参加しています。
気に入ってくださった方は、下記のバナーを『ぽちっとな!』

人気ブログランキングへ

過去の偉人の名言集を活用しよう!~カリスマブロガーへの道(10)

さらに、とっておきの裏技を伝授します。

とっても簡単です。

本屋などで、過去の偉人の名言集を買ってきて、
気に入った項目を書き写し、
自分なりの感想を、書いてみることです。

過去の偉人といっても、『相性』というものがあるので、
そのあたりは、自分で、気に入った本を探し出してください。

その手の本は、なかなか馴染みがない方も多いかと思われますので、
さらに、裏技を。

100円ショップ『ダイソー』に行って、
『仏具コーナー』に行ってみるのです。

そこに、仏教関連の本がいくつかあるので、
そこに、『仏教名句小辞典』というのがあればしめたもの!

タイトルには『仏教』とありますが、
仏教とは、あまり関係のなさそうな名言まで、収録されているのです。

『にんげんだもの』で有名な、相田みつをとか、
太宰治とか……

ほかにも、
『仏教と神道の違い』とか、
『仏像ものしり小辞典』とか、
面白い本が、たくさんあります。

しかも、それらすべてが、税込105円!

ダイソーって言うと、某学会系企業ということで、敬遠している人もいるかもしれません。
特に、『仏具コーナー』ともなると、なおさら、自分とは関係ないと思われる方が多いでしょう。

しかし、なかなか掘り出し物が多いのも確かですよ!

ちなみに、これ、私が自分で探し出したのではなく、
占いの師匠に教えてもらったものです。
この場をお借りして、御礼申し上げます。



当ブログは、人気ブログランキングに参加しています。
気に入ってくださった方は、下記のバナーを『ぽちっとな!』

人気ブログランキングへ

タロット占いをやってみよう!~カリスマブロガーへの道(9)

一応私、占い師の端くれであり、
専門は、タロットだったりします。

実はこのタロット、
日記のネタに、事欠かないのです。

以前、日記に書いたのですが、
せっかくなので、再度転載させていただきます。

==================
1)タロットのカードデッキを購入する

大きめの本屋さんの、占いコーナーにあります。
近所の本屋さんになかった場合は、アマゾン等で取り寄せます。
なるべく、絵柄が気に入ったやつを選ぶとよいでしょう。
ご予算としては、3000円~5000円程度です。

2)カードをシャッフルする

テーブルに、カードを裏返しにしてぶちまけ、ぐるぐるかき混ぜます。
初めてカードを使う際には、なるべく念入りにかき混ぜたほうがいいでしょう。
実はこれ、タロットにおいては、正しいシャッフルの方法なのです。
トランプの『リアルシャッフル(両手でバラバラっとやるやつ)』は、カードを傷めるのでよくないとされています。
カードを傷つけないように、テーブルにテーブルクロスを敷いておくていいでしょう。

3)カードをまとめて揃え、テーブルに置く

4)おもむろに一枚、カードを引く

5)デッキについてくる解説書で出てきたカードを調べ、解説文を丸写しする!
(デッキについてくる解説書があまり詳しくなかったら、もっと詳しい解説書を購入する)

たった、これだけです。

このやり方だけでも、大アルカナ(『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくるような、いかにもタロットというようなカード)22枚、小アルカナ(ここでは簡単に、トランプのようなものをイメージして頂ければ良いです)56枚、あわせて78枚、さらに、『逆位置(カードが上下逆さまに出る状態)』を考慮すれば、何と156とおり!

======================
どうです!?なかなか、面白そうでしょう?

これは一種の『裏技』なのですが、
どうしてもネタが思いつかない方、試してみてはいかがでしょうか?


当ブログは、人気ブログランキングに参加しています。
気に入ってくださった方は、下記のバナーを『ぽちっとな!』

人気ブログランキングへ