アキ天、11月まで出ません!

当ブログで再三再四紹介している(今回もこの書き出しか)
お客様投票制の勝ち抜きバトルライブ
『イカす!アキバ天国』ですが、

残念ながら、私の出演は、しばらくお休みとなります。

と言っても……

ケツまくって逃げるわけじゃないんだからね!


というのは、しばらく出られない事情があって、

7月……出演希望者多数につきお見送り
9月……日本ポップ屋協同組合のイベントがあるため、そちら優先

だがしかし!

先日、11月の募集開始をしまして、

11月18日(土)、3回目の出演が決定しました!

次回は、前回ぶっちぎり最下位だった反省を生かして、
目標は、まずは最下位脱出!

お客様からも、「前回は面白かったが、今回は面白くなかった」と言われてしまい、
逆に言えば、初回出場時はそれなりに受け入れてもらえたので、
その要因も、分析しつつ。

一番の敗因は、『MCで、余計なことをしゃべりすぎた』というのは分かっているので、
次回は、やや控えめに。

そもそも私、ステージに立っただけで笑いが起こるくらいなので、
あんまりやり過ぎると、くどくなりすぎるんですね。

つまり、上位入賞を狙いすぎて、やり過ぎた。
無心で取り組んだほうが、いい成績を残せるんじゃないかと。

まあ、あと半年あるし、その間にいろいろなライブに出演する機会があるので、
少しづつ、修正していきたいと思います。

また、オリジナルの新曲も作っていきたいと思うのですが……

そのことを、主催者さんに話したら、
「新曲、期待してます!」と言われ、
少し、プレッシャー……

まあ、頑張るしかないですね。

そんなわけで、次回11月、乞うご期待!

『BBA萌え』を覚えて歌おう!

最近歌うことが多くなった、『BBA萌え』というオリジナル曲ですが、

この曲、BARペガサス界隈では『神曲』と呼ばれており、

日本ポップ屋協同組合で知り合った、非常に素晴らしい歌詞を書く女性アーティストの方に作詞依頼をしてみたところ、
「『BBA萌え』を超えるものを書く自信がない」と言われてしまったりで、

最近、何かと話題の曲だったりします。

で、BARペガサスの公式ツィッターにて、
「みんな『BBA萌え』覚えて盛り上がろう!」などと
うれしいこと書いてくれちゃってて、

ただ、予習するにしても、
教材がなければならない。

そこは、ご心配なく!

ライブで歌ったバージョンを、YOUTUBEにアップしてあるのです!


この動画は、この曲の初出しで歌ったバージョンで、
現行のバージョンとは、異なる部分も多いのですが、

とりあえず、「BBA萌え!」と叫ぶところくらいは、
みんなで一緒に盛り上がりたい!

特に、バーペガでは、なるべく毎回歌うようにしたいので、
みんな、覚えて盛り上がろうぜ!



posted by 二口たけしa.k.a.ぴょんさん at 18:00Comment(0)日記

ニコニコ超会議反省会会場(2)

さて今回は、
私がニコニコ動画並びにニコニコ超会議で最も注目しているコンテンツ、
『踊ってみた』についてです。
(ていうか今回、M3の準備があった関係もあり、
踊ってみたしか見てない。
しかも、早上がりしてしまった)

ニコニコ全体の問題として、
『ニコニコ界の有名人ばかりクローズアップされてしまい、
一般の人がないがしろにされてしまっている』
というのがありますが、
こんかい、踊ってみたに関しては、
これを是正するための動きがありました。

そのまえに、踊ってみたの参加者について、分析してみました。
人気踊り手以外の、いわゆる一般の人が、どのように分布されているか、
マトリックス状にしてまとめてみました。

以下の4パターンに分かれるとみられます。

①自ら踊っており、動画UPやライブ出演などをしている『中堅踊り手』
②自ら踊っているが、動画やライブでの活動を特にしていない人
③踊ってみた見る専で、人気踊り手を中心に見ている人
④同じく見る専で、中堅踊り手を中心に見ている人
(動画再生や、ライブ動員に貢献している人)

今までは、人気踊り手に集中しているきらいもあり、
①中堅踊り手及び④そのファンの人が、面白くなさそうにしているという風に見えたのですが、
今回は、それを是正すべく、様々な取り組みがなされていました。

まず、特筆すべき点は、ブースを、
『エンドレスエリア』と『ライブエリア』のに分割した点。

エンドレスエリアは、ひたすら踊りまくるエリア。
ライブエリアは、主にステージに立つ踊り手を見るエリア。

まず、エンドレスエリアは、
私が常駐していたのもここなのですが、
従来通り、踊ってみた人気曲をメドレーにして流し、
参加者が踊りまくる『超連続踊ってみたオフ』はいつもながらなのですが、

『超踊ってみたDJ祭り』なる企画があって、
どういうものなのかというと、
人気踊り手が踊ってみた曲を中心に、DJを回したり、ステージで踊ったりして、
一般の人が暴れまくるという企画なのですが、

自ら踊っている人と、人気踊り手を中心に見る専の人と、
双方、満足のいく企画だったのではないでしょうか。
(見る専のファンの人が、前のほうに詰め寄り、
踊る人は、やや後方で踊っていたという感じ。
ここで踊っていた人は、どっちかというと、
動画活動をあまりやってない人多かったという印象)

一方、ライブエリアで新設された企画が、
『踊ってみたフェス Live Part U-20』というもの。

この企画は、20歳未満の中堅踊り手たちが、
ステージで踊るというもの。
(踊ってみたライブ業界は、JKビジネスと言われるほど、
若年齢層が多いです。
まれに、おっさんが混じっているようですが。
それは私かw)

これにより、
中堅踊り手及びそのファンの不満を解消するという、
いい結果になったのではないでしょうか。

結論として、
様々な層が満足いくような、いい結果に結びついたと思われます。
他のブースと比べても、
踊ってみたブースが、努力しているのが分かる。

最後に、一つ心残りがある。

とある中堅踊り手の女子と、会いたいね~と言い合っていたのですが、
結局、会えずじまい……
彼女の周りには、私が一度会ってみたいという踊り手さんもいたことなのに……

とぷす!
会いたかったよ~!(涙)



posted by 二口たけしa.k.a.ぴょんさん at 12:00Comment(0)日記